FC2ブログ



スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛を読むひと
2009年07月05日 (日) | 編集 |
7/1 ( 映画サービスデー+レディースデー ) に、観てきました~♪゛

~ 愛を読むひと ~    監 督 / スティーヴン・ダルドリー

 ケイト・ウィンスレット / レイフ・ファインズ / デヴィッド・クロス 他


原作は、ベルンハルト・シュリンクのベストセラー小説 「 朗読者 」


15歳のマイケル (デヴィッド・クロス) は、学校からの帰り道に気分が悪くなり、その時に助けてくれた、21歳年上で母親と同じ位の年齢の女性ハンナ (ケイト・ウィンスレット) に恋をしてしまい、学校が終わると1人暮らしのハンナの部屋に通うようになる。 2人が愛し合う前の儀式として、ハンナはマイケルに本の朗読を頼むが、ある日ハンナはマイケルの前から突然姿を消してしまう。 時が流れ、大学の法科に通うマイケルは、実際の裁判を傍聴するという授業で、戦争中に犯した罪を問われるハンナと、衝撃的な再会をする。 そして裁判に通ううちに、自分だけが知っているハンナの秘密に気がついてしまう。 その後、弁護士になったマイケルはハンナへの想いという答えの出ない問題を抱えながら、思い出の小説をテープレコーダーに録音し、ハンナが服役する刑務所にテープを送り続ける。
そしてマイケルは、ハンナにとって、永遠の朗読者になる..


最近は、私の評価で 5つ の作品が余りありませんでしたが、今回は文句なしに をつけたいと思いま~す !!  オススメ!

とても切なすぎるラブストーリーで、前半は、ハンナが 『坊や』 と呼ぶような15才のマイケルとのラブシーンに、ちょっと戸惑ってしまったところもありましたが、物語が進んでいくうちに、その時の2人の関係が、その後の2人の人生に、とても重い影響を与えていることがわかり、ハンナの年齢が自分と同じ歳だったということもあって、色んな意味で刺激を受け、ラストは本当に切なくて、涙がこぼれました。 号泣している人も..

ケイト・ウィンスレットは、タイタニックを見た時から、好きな女優さんでしたが、今回の作品でも 魅力的な素晴らしい演技をされていましたし、少年時代のマイケルを演じたデヴィッド・クロスも、役と変わらない 若さで少年から大人への階段を上がっていくマイケルの複雑な気持ちを とても上手く表現していたと思います..  今後の活躍が楽しみです!

大人になったマイケル (レイフ・ファインズ) が弁護士になり、少年時代の年上の女性への恋を思い出す..という、回想シーンから物語がスタートし、過去の検証が始まるといった感じで、話の進み方も良かったです


ハンナの秘密 このシーンにも.. 気になる方は、映画館へ


次回は、玉木 宏山田孝之主演の 「MW」 を、鑑賞する予定です。


 犯行声明 ブログパーツ 


玉木さんたら、真面目な顔して..  かわゆいわ~ん


スタバで人気の  コーヒージェリーフラペチーノ


店内にいた、殆どの人が飲んでいましたよん!  オイチ~


 コメントして下さっている皆さん ありがとうございま~す  


いただいたコメントを励みにしながら、何とか更新を続けておりますが、
最近、お疲れ気味なもので  読み逃げが多くて、スミマセン..
テーマ:★おすすめ映画★
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
読み逃げ全然OKですよ~(*^^*)
疲れている時は無理しないで下さいね♪

うわぁ…ケイト・ウィンスレットの秘密がめっちゃ気になります(>_<)
でも次に見に行く映画は、友人の付き合いで行く予定の「ごくせん」なんですよね(ノД`)
☆5つは、とっても気になるけど…う~ん、見に行けるかなぁ…行きたいなぁ…

MWは実は最初、山田孝之さんとは気付かなかったんですよ~(^^;
誰だろう?あのロン毛の人…?って思ってました。
玉木さんと山田さんは、ウォーターボーイズ以来の共演ですか?(^^)大人になったなぁ~
2009/07/05(Sun) 10:58 | URL  | ぬこむら #-[ 編集]
ぬこむらさんへ
ご存知の通り、私の場合は、腰の心配もありますからね~ i-229
そう言っていただけると e-466 ありがたいです~ i-241 うるるん
ぬこむらさん、記事を読んだら、ハンナの秘密が、ますます気になってきたみたいですね~ v-411  教えたいけど.. DVDで見て下さ~い !! i-235
「ごくせん」 は、お友達の付き合いで観に行かれるそうですが、ぬこむらさんは、TVドラマの続編っぽい映画が好きなのかしら~ v-410
「幼獣マメシバ」 も、そんな感じですよね !?
「幼獣マメシバ」 も、品川プリンスシネマで上映されていれば、仕事の前後に寄ってv-106早めに観ることができるのですが、やっぱりすぐに観れる映画を優先してしまうので、私も i-229 ぬこむらさんと同じ気持ちです..
山田孝之さんは、セカチューの頃は清潔そうな雰囲気だったのに、最近はイメージが、か~なり変わってしまいましたよね~ i-230
「252 生存者あり」 の記者会見の時なんか、メチャメチャ暗かったし..
2009/07/05(Sun) 12:11 | URL  | チュロリンママ #W6lh6xGQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。