FC2ブログ



レディースデーの女
2006年11月01日 (水) | 編集 |
火サスじゃありませんよ~  渋谷で映画を観てきた私のことです

仕事をするようになったら、平日に映画を観に行くことは難しいと思いますので、今のうちに色々と観ておこうかなぁ~と。  このケチ女め !!

本日観た映画は、公開前から期待していた 「父親たちの星条旗」

監督/クリント・イーストウッド  製作/スティーブン・スピルバーグ

   

私は歴史に興味があるので、時代劇戦争映画を、よく観たりします。

硫黄島での米軍と日本軍の戦いが、激戦だったことは知っていましたが
この映画を観て、想像を絶するほどの目を覆いたくなるような激しい銃撃戦だったことを知り、本当に衝撃的でした。

戦争映画を観終わった後に、いつも思うのですが、『平和な時代に生まれて、ヨカッタ~』 って感じです。  戦争は、本当に恐ろしい …

銃撃戦以外の場面は、ちょっと話がダラダラしているように感じて、後半は睡魔 と闘いながら観ていたので、評価は ☆ ☆ です。

期待が大きかっただけに、今回の評価は、ちょっぴり辛口で~す。

来月公開の 「硫黄島からの手紙」 の方が、面白そうな予感 !!

日本人の目線で見た硫黄島の方が、やっぱり共感できると思います。

ワーナーブラザーズ

予告編で観たキムタク主演の 「武士の一分」 が、かなり面白そうだったので、来月は映画館にレディースデーの女が出現する日が多くなりそうです。  この話の続きは、次回のブログで!  お楽しみに~♪゛
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック